<< 森のアイスクリーム アテモヤ | main | カリフラワーロマネスコ カリッコリーとは? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
カイワレ大根は大根じゃないのに何で大根っていうの?
2011年2月17日のシルシルミシル「身近なギモンをすぐ調べる課SP」で『カイワレ大根は大根じゃないのに何で大根っていうの?」っていう疑問に答えていました。

答えはカイワレ大根は大根の双葉(双葉)だそうです。
一般的にはカイワレ工場で育てられてパック詰めされて出荷されます。
それを育ててみたところ、双葉から本葉(ほんば)が出て、2カ月で大根らしいものが出来ていました。
農家の方が言うには、かいわれ大根を畑で育てると2カ月ほどで一般的な大きさの大根に成長するそうです。


カイワレというのは食べられる野菜の種子から芽が出て双葉になった状態を「かいわれ」と言うそうです。

実験でオードリーの若林さんが試食していました。
☆タマネギのカイワレ→生のタマネギのような味
☆カボチャのかいわれ→とても苦い
☆ゴボウのかいわれ→苦いだけの味
☆ブロッコリー→カイワレ大根みたいな味でおいしい(茹でてないジャガイモのような味?)


ほとんどの野菜のかいわれは鳥などに食べられないように味は苦い。
栄養はあるので漢方で使用される。
| - | 00:58 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:58 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://piyotamamu.jugem.jp/trackback/33
トラックバック