<< 甘みがあるネギ ポワロー(リーキ・ポロねぎ・西洋ネギ) | main | たけしのニッポンのミカタ!見極めなければ損をする!?野菜の見極め達人 内田悟さん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
お米の保存方法〜夏場編
お米は保存方法で味が変わります。
夏場に最適な、お米の保存の仕方です。

お米の虫は15℃以上になると、動きが活発になります。
シンクの下などに保存しておくと、ダニや虫のえさになってしまいます。

湿気によって、お米が蒸れてしまうことが原因で、お米にカビが発生することもあります。

夏場に一番いいお米の保存方法は、冷蔵庫での保存です。
しかし、袋のまま冷蔵庫に入れてしまうと、冷蔵庫内がお米で占領されてしまって、大変です。

冷蔵庫でお米をスッキリ場所を取らない保管方法です。
★すべてのお米を冷蔵庫に入れてしまうと、大変なので、半分を冷蔵庫で保存します。
やり方は、米の半量を密閉容器に入れます。
ペットボトルなどの密封できる容器なら、なんでもOKです。

★冷蔵庫に入らなかった残りのお米から、先に食べます。
そのあとに冷蔵庫に保管しておいたお米を食べれば、お米の劣化が少なくなります。
最後までお米をおいしく食べる裏技ですね♪

★お米の買う時に一回の購入で何キロ(どのぐらいの量を)買えばいいですか?
お米はとてもデリケートな食品なので、1ヶ月で食べきれる量を目安に購入するのが一番最適な方法です。
家族構成や、お米の消費量は、ご家庭によって違うので、一度1カ月分(1週間×4倍)などで、様子を見てから、1カ月分を割り出すといいと思います。

| お米の保存方法 | 00:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://piyotamamu.jugem.jp/trackback/39
トラックバック